サラウンドは迫力あるホームシアターを作るための重要ポイントです! そんなサラウンドシステムについて、ちょっと踏み込んだ解説です。

6.1chの映画を5.1chの機器で再生すると・・・

6.1chの映画を5.1chの機器で再生するとどうなる?

 ■5.1chの機器で再生されます!

サラウンド方式はいろいろ種類があってややこしいですよね? そこで、よくある疑問『6.1chの映画を5.1chの機器で再生するとどうなるか?』について説明します。

6.1chで収録されているDVDを見る場合、5.1chまでしか対応していないサラウンドシステムを使用すると、5.1chで再生されます。
また、5.1chの映画を、6.1chの機器で再生した場合も、5.1chで再生されます。

 ■ダウンミックス

これはダウンミックスといって、互換性を持たせてあるのです。 イメージ的には「大が小を兼ねている」ってところでしょうか。 パソコンで例えれば、バージョンの新しいWORDファイルを、バージョンの古いWORDで開くと、開くことができるのに似ています。

 ■ユーザーはあまり意識しなくてもOK!

私の知る限り、ユーザーはほとんど意識をしなくとも、アンプ側で自動で識別してくれます。 DVDをレンタルする時などに、このDVDは「ドルビーデジタルだから・・・」とか気にする必要はなく、気軽に借りることができるってことですね。





楽天のホームシアター特集!