サラウンドは迫力あるホームシアターを作るための重要ポイントです! そんなサラウンドシステムについて、ちょっと踏み込んだ解説です。

サラウンドまとめ

■サラウンドまとめ

・サラウンドシステムは、ホームシアターの音響機器。
 スピーカー5〜7つ、サブウーハー1つ、アンプ1つで1セット。

・5.1chは5つのスピーカーを使って臨場感を出す音響システム。
 ドルビーデジタル、ドルビープロロジックUが代表的。
 他に7.1chや9.1chもある。

・アンプにはドルビーデジタルやDTSといった方式のデコード機能が
 搭載されている。
 DTSはオプション音声なので、ドルビー方式を重視。

・5.1chで鑑賞するなら、左下の組み合わせ、
 6.1ch、7.1chで鑑賞するのなら、右下の組み合わせがお奨めです^^

5.1chの組み合わせ
  ドルビーデジタル
  ドルビープロロジックU
  DTS
  AAC
例)6.1〜7.1chの組み合わせ
  ドルビーデジタルEX
  ドルビープロロジックUx
  DTS−ES
  DTS−Neo:6
  AAC

サラウンド方式対応表

■サラウンド対応表

下の表はサラウンド方式の対応表です。
表の「主なソース」は、メディアの種類です。

「記録方式」は、同じメディアでも、記録されている方式が異なります。
例えばメディアがDVDでも記録方式は、ドルビーデジタルであったりDTSであったりします。

「デコーダー」は、アンプ側の機能です。表記は少し略されています。DDはドルビーデジタルのことです。

テレビやDVDを見る時に、アンプにどのデコーダーが搭載されていれば、□chで再生されるかを示しています。
例えばアンプの機能にDDがあれば、DDの形式で記録されたDVDは最大5.1chで再生できることがわかります。

 ■サラウンド対応表

主なソース→ テレビ・ビデオ DVD デジタル放送
記録方式→ 2chステレオ DD DD-EX DTS DTS-ES AAC
デコーダー↓ - - - - - -
DD - 5.1ch 5.1ch - - -
DD-EX - 5.1ch 6.1ch - - -
DD-PL2 5.1ch 5.1ch 5.1ch - - -
DD-PL2x 7.1ch 7.1ch 7.1ch 7.1ch - 7.1ch
DTS - - - 5.1ch 5.1ch -
DTS-ES - - - 5.1ch 6.1ch -
DTS-Neo6 6.1ch - - 6.1ch 6.1ch -
AAC - - - - - 5.1ch

DD=ドルビーデジタル       DD-EX=ドルビーデジタルEX
DD-PL2=ドルビープロロジックU  DD-PL2x=ドルビープロロジックUx





楽天のホームシアター特集!