ご存知でしたか!?なんとゲームでも5.1chサラウンドが楽しめるって。このページではホームシアターの機器を利用して、5.1chサラウンドでゲームをプレイする方法、対応ゲームの見極め方を紹介します。

ゲームでも5.1chサラウンド

 ■ゲームをサラウンドでプレイするには

まずは大まかな流れから説明します。

対応ゲームソフトを購入(パッケージのロゴで判断)
       ↓
光デジタルケーブルでゲーム機とAVアンプを接続
       ↓
映像端子でゲーム機とテレビを接続
       ↓
AVアンプの設定(手動で行う必要がある機種のみ)
       ↓
ゲーム側でサラウンドを設定

ゲーム機によって、多少設定方法の違いはありますが、流れとしては大きな差はありません。

 ■PS2のゲームをサラウンドでプレイする

・対応ゲームソフトを見つける

まず、サラウンド対応のゲームを探します。 対応ゲームはパッケージに記載されているロゴで判断できます。 PS2の場合、大きく分けて『非対応』『ムービーシーンのみ対応』 『ムービーを含めプレイ中フル対応』の3つに分かれます。 以下にロゴを列挙するので、パッケージを確認してどれにあたるかで判断してください。
※Xboxやゲームキューブでは『非対応』『フル対応』のどちらかになります。

残念なことにネット上では、サラウンド対応ソフトか判断するのが難しい(ロゴが見えない)状況です。 そこでわかる限りで列挙しますので、参考にどうぞ。→サラウンド対応ソフト一覧

【PS2のサラウンド対応ロゴ】
ロゴ サラウンド対応シーン
ドルビープロロジックII ゲーム中&ムービーシーンで5ch
ドルビーデジタルプロロジックII ゲーム中5ch、ムービーシーンは5.1ch
ドルビーサラウンド ゲーム中およびムービーシーンで4ch
ドルビーデジタル ムービーシーンのみ5.1ch
ドルビーデジタルサラウンドEX ムービーシーンでドルビープロロジックIIで5ch

例えば、ファイナルファンタジー12のパッケージにはドルビープロロジックTTのマークがあり、 ゲーム中&ムービーシーンで5chであることがわかります。

ファイナルファンタジー12のパッケージ裏

赤い○部分にドルビープロロジックTTのマーク

・光デジタルケーブルでゲーム機とAVアンプを接続

光デジタルケーブルでゲーム機とAVアンプを接続します。 以下の画像はPS2の背面の光デジタル端子の接続方法です。 AVアンプ側にも同様に光デジタルケーブルを差し込みます。

PS2背面の光デジタル端子

PS2背面の光デジタル端子 

PS2に光デジタルケーブルを接続

PS2に光デジタルケーブルを接続

・映像ケーブルでゲーム機とテレビを接続

映像ケーブル(黄)のみテレビと接続。音声は光デジタルケーブルで繋いでいるので、音声ケーブル(赤、白)は接続不要

・AVアンプの設定(手動で行う必要がある機種のみ)

多くのAVアンプでは自動で必要な出力モードに変わるようです。 手動で変更が必要な場合、設定方法は各機種によってことなりますので、お持ちの説明書で確認してください。

・ゲーム側でサラウンドを設定

設定は非常に簡単ですが、こちらもゲームソフトに依存するので、詳細はゲームソフトの説明書で確認してください。
以下に、ファイナルファンタジー12の設定方法を載せておきますので、参考としてください。

ファイナルファンタジー12の画面

コンフィグを開いて・・・ 
 

ファイナルファンタジー12のコンフィグ画面

コンフィグ画面で、「サウンド」を「プロロジックTT」に設定する

以上で、ゲームをサラウンドで楽しむことができます。 いままでと一味違ったゲームをたっぷり堪能してください。

 ■その他のゲームをサラウンドでプレイするには

ドルビー社のホームページを参考にしてください。
Xboxの設定
ゲームキューブの設定





楽天のホームシアター特集!