ホームシアターでは必ずお世話になるケーブル類。いろんな種類があって混乱しがちです。何が違うのか?どこをどう繋げるのか?分かり易く説明します。ご自分のホームシアターに合ったケーブルを見つけみてください。

同軸デジタル端子・ケーブル

 ■端子・ケーブルの特徴

同軸デジタル端子は音声伝送用の端子で、ドルビーデジタルなどのデジタル信号を入出力します。コアキシャル(coaxial)とも呼ばれています。

ケーブルの形状はコンポジットケーブルなどと同じピングラフで、代用が可能です。

デジタル信号をそのまま伝送するので音質劣化が無く、アナログ信号を伝えるステレオ端子よりも高音質になります。

同じように音声をデジタル信号で伝送するものに、光デジタル端子がありますが、送受信するデータに変わりありません。

 ■端子とケーブルの画像

同軸デジタル端子の画像

同軸デジタル端子の画像(囲み部分)

同軸デジタルケーブルの画像

同軸デジタルケーブルの画像。

 ■主な接続

下の囲みの「−」部分が同軸デジタル端子ケーブルになります。プレイヤーと映像機器を繋ぎます。

主な接続:
アンプ − DVDプレイヤー
テレビ − DVDプレイヤー

このページの画像の一部はonkyoに提供して頂いています。





楽天のホームシアター特集!