ホームシアターを構成する映像機器、再生機器の概要です。
皆さんご存知の機器ばかりなので、読み飛ばしてくださいね^^

機器の概要(映像機器、再生機器)


 ■映像機器(TV or スクリーン+プロジェクター)

ホームシアターを構成する機器の中で、映像を担当する機器の紹介です。一番馴染み深く、説明の必要もないかもですね。

映像機器には、TVとプロジェクターがあります。

TVならば、液晶やプラズマが非常に鮮明でお奨めです。 スクリーンは、設置場所や配線などの制約が大きくなりますが、 その代わり液晶テレビなどに比べ、比較的安価に大画面が手に入ります。

大画面テレビ
大画面テレビと一言でいっても、実はいろいろ種類があり、 ブラウン管テレビ、液晶テレビ、プラズマテレビ、リアプロジェクションテレビ、これから注目のSED などがあります。 簡単に特徴を説明すると、ブラウン管テレビ以外は、薄く軽いので場所を取りません。 デジタル対応されているものが多いので、ホームシアターに向いています。
明るい場所でも視聴できるのでリビングなど、共有スペースに設置する場合に向いていると言えます。

スクリーン + プロジェクター
液晶テレビなどに比べ、比較的安価に大画面が手に入ります。 また、100インチ以上の大画面が可能なのも魅力です。 ただテレビと比較した場合、 部屋が暗くないと見れない。 配線が大変(※)。 大きいのでスクリーンの置き場所に困る。 などの問題点があります。 以上の点を踏まえ、ホームシアター専用ルームに向いていると言えるでしょう。
※プロジェクターは天井付けなど、再生機器と離れた場所に設置されることが多いので、配線に手間がかかります。



 ■再生機器(ビデオ、DVDプレイヤー)

映像や音声を再生するための装置です。 ビデオでも、5.1chサラウンドを楽しむことは可能ですが、質の差を考えるとDVDでの鑑賞がお奨めです。    

DVDプレイヤー
DVDを再生する機器で、再生専用です。 1万円を切る製品も多く、非常に手ごろです。 ホームシアターで映画を鑑賞するだけなら、これで十分でしょう。 テレビの録画などでも使いたいのでしたら、HDD/DVDレコーダーがお奨めです。 私は購入していませんが、すごく欲しいです。

         




楽天のホームシアター特集!