ここでは、ホームシアターを構成するのに必要な機器を紹介します。 どんな機器が必要で、どの位置に配置されるのか?
 自分の家にホームシアターが設置された姿をイメージしてみてください。きっと楽しくなってきますよ^^

必要なもの

 ■ホームシアターに必要なのは3つ

ホームシアターに必要なものは大きく3つに分けられます。 まず、映画の世界を目の前に広げる映像機器、 画面の中に入り込んでるような錯覚を与える音響機器(テレビ、またはプロジェクター) 高品質な映像・音を提供する再生機器の3つです。
もう少し具体的に言うと、

1.テレビ、またはプロジェクター+スクリーン

2.サラウンドシステム

3.DVDプレイヤー

となります。

それぞれ性能やサイズによって大きく価格が異なります。 どれか一点に集中して上記3つが揃わなくなるより、少し抑えて 一通り揃える方が満足行く結果になると思います。
※3つ揃えた上でどこに重点を置くかお迷いの場合なら、個人的にはサラウンドに力を入れることをオススメします。

以上の機器を部屋に設置した時のイメージ図を作ってみました。

配置イメージ

以下がホームシアター機器の配置イメージです。

アンプ・スピーカー類が音響機器(5.1chサラウンドシステム)で、 DVDプレイヤーが再生機器、TV or スクリーン&スピーカーが映像機器になります。

なんとなくイメージは伝わりましたでしょうか?

前方イメージ画像

前方のイメージ

配置イメージ

【図の補足】
LF=左フロントスピーカー
RF=右フロントスピーカー
センター=センタースピーカー
LS=左サラウンドスピーカー
RS=右サラウンドスピーカー
SW=サブウーハー





楽天のホームシアター特集!